体を内側からあたため改善してくれる、よもぎ蒸しは秋冬に痩身効果抜群

ダイエットに挑戦していて、毎日体重計に乗っていると「あれ、ぜんぜん減らなくなってる」と思うことがたまにありませんか?
とくに寒い日が続いたり、冷えた室内に長く居ることが多かったり、また秋冬の底冷えがする季節にも多く感じる人が多いようです。

こんなときに、運動や入浴ももちろんですが、簡単な施術で効果が持続してくれるのが、おとなり韓国の美容の知恵、よもぎ蒸しです。

穴の開いた椅子に座り、下着姿で美容室の長いケープのようなものを着て、そのケープの中全体に、よもぎエキスを蒸した気体をいきわたらせて、全身に浸透させるというもの。
香りもすがすがしいところから、ちょっと熟成系のいぶした香りが強いところまでいろいろな種類があります。
これがサウナなどと違って、全身からの温め効果が長く続くのです。

個人差もありますが、長い人では一週間程度、体の内側からのポカポカ感がつづきます。

お店によっては下腹部から腸や内臓に向かってこうした気体を吸わせると称するところもあるようです。

冷え性自体が和らぐ人が多く、いつもよりも体温と代謝があがりやすい点も人気。また手足など末端の冷え性そのものの改善につながる人などもあり、エステのメニューとしては、もみやその他のメニューとあわせて取り入れたいトコロです。